子供シューズcom

子供シューズcom

子供シューズを選ぶときは簡単に調整できるものを選んであげましょう

子供シューズの豆知識

シューズ

年代別の選び方

子供シューズを選ぶときのポイントを年代別でまとめました。歩き方や行動が変わってくる時期に適したものを選んであげられるよう、予め確認しておきましょう。

READ MORE

新着情報

どこに注目するべきか

子供シューズを選ぶときはどこに注目して選べばいいのでしょうか?シューズ選びを間違ってしまうと歩き方がおかしくなってしまったり、巻き爪などを起こしてしまうことも少なくないといいます。

[PR]

子供シューズを探しているならココ!
機能性がいいから安心。

選ぶときのポイント

親子

甲の高さの調整できるか

子供シューズを選ぶときは、まず甲の部分の高さの調整が可能かどうかを確認してください。紐は解けてしまうことが多くなり危ないのですし、微調整が難しいので、慣れるまではテープ式のものでいいかと思います。また、つま先部分に余裕を持ってあげることも重要です。この部分が狭いと窮屈に感じてしまいやすいですし、巻き爪を発症してしまう原因にもなりかねません。指が1本入る分ぐらいの余裕を持って選ぶといいでしょう。

その他のポイント

その他にも確認しておくべきポイントはいくつかあります。つま先部分は損傷しやすい指のある場所になるのである程度の厚みがあるものを選ぶようにしましょう。安定した正しい歩き方を覚えさせてあげたいのであればかかとの作りがしっかりしているかどうかも重要になってきます。また、よく動く年代の子供の子供シューズはクッション性があるものを選んで、足や膝への負担を軽くさせてあげることもとても重要になってきます。

子供シューズの口コミ

着脱が楽で助かる

靴紐タイプの子供シューズを履かせていましたが、調整が難しそうだったので、マジックテープ式のものに変更しました。よほど気に入ったのが毎日公園に遊びに行こうとせがまれます。また、デザインは二の次で、子供が歩きやすいことと、子供の足をしっかりと守ってくれることを重視して選びました。躓きにくいような設計になっているらしく、以前の子供シューズのときよりも転ぶ回数が減って、安心してみていられます。

安定性で選びました

子供に正しい歩き方を覚えさせたかったら靴が重要になるという話を聞いて、安定性のある子供シューズを選びました。こだわって設計されているようで心なしか歩くときの姿勢が良くなったように感じます。あと、コスパの良さも考えて選ぶようにしました。子供シューズは衛生面なども考えて、最低2足以上は持っておいた方が良いと聞き、2足まとめて購入しました。価格のわりに作りがしっかりしているように感じます。

履きやすさで選びました

子供の靴を選ぶときは甲の部分のサイズ調整を出来た方が良いと聞き、マジックテープ式で調整しやすいものを選びました。マジックテープ式だと調整がしやすいらしく、遊ぶ場所によって自分で調整したりしているのを良く見かけます。うちの子は、少し幅が狭い足なので、マジックテープが合っているようですね。